2013年春生まれの駆けっこ大好きコーギーとデジカメ写真

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんかんに関すること@先代犬の時のこと
先代コーギーの持病だったてんかん。
犬もてんかんになるのは知っていたけど、かかってみるまではよく知らないままでした。

てんかんは、完治することが非情に難しい病気ですが、
発作を繰り返させないようにすることが大切なので、
早く病気に気が付いてあげることも大事です。

でも、てんかんの症状にもいろいろあるというのを
知らない人も多いと思います。
症状を知らないと、気づきようがありません。

* * *

病気についてに話す、その前に。

私は獣医さんではありません。犬の専門家でもありません。

先代犬がてんかんにかかっていたという経験がある、ただの飼い主です。
てんかんについて調べたのも、先代犬が罹患していた期間だけで
最新の情報や知識とは、ずれてるかもしれません。

それに、大きな発作が起きたとき(全身痙攣など)のことや
対処法は書きません。思い込みも危険ですから。
別な病気なのに間違って見立てたら?
対処法を誤ったら?取り返しがつきません。
それに適切な判断が下せるのは獣医さんだけです。

* * *

てんかんを起こす犬は、意外と多いです。
100頭に1頭は、いるということです。
「ん?そんなに?」と思う方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、発作の程度や発現の仕方、患う期間は犬それぞれなんですね。

* * *

 てんかんの発作といえば、倒れて泡を吹き痙攣する姿を思い浮かべる人は多いと思います。

 てんかんの発作は、眠りに入ってから目覚める間におきることは多いそうです。なので、眠っている間にすごい勢いで藻掻いている姿を、飼い主は寝ぼけていると思っていたら、実はてんかんの発作と言う事もあるそうです。また、私が獣医さんの待合室で聞いた話ですが、寝起きにしばらくの間、ぼおっとして名前を呼んでも反応が無くて、てんかんの疑いがある…というのもありました。

 これは、寝ているときではありません。飛んでいる小さな虫を追いかけて噛みつこうとする犬は良くいますが、実際には何も飛んでいないのに何かを捉えようと(するかのように)宙に向かって噛みつくといったケースもあります。「ハエ噛み」とか「ハエ追い」とか呼ばれる行動です。
 先代犬は、発作の直前には、口をくちゃくちゃいわせる、視線が宙をさまよう、その時にはもう私の声は彼女の脳には届いてないみたい…というのがパターンでした。まれにですが、くちゃくちゃだけで終わることもありました。

 てんかん発作=泡を吹いて痙攣という、よくある思い込みを持って居られた方には、少しでもお役に立てたでしょうか。

* * *

 発作なのかちがうのか良く分からない行動を見かけたら、動画でとっておくことをお奨めします。犬の症状を口で伝えるのはすごく難しいですし、その行動のおきている時間の長さや状況も診断の材料になると思います。
 てんかんの発作の間は、脳が必要以上に興奮しているので、刺激を与えることは良くありません。犬の姿勢を変えさせたり、フラッシュ焚いたりはしないであげてくださいね。

 それでも、あえて書くのですが、録画の間に普段くらいの声音で名前を呼んだり、喜ぶ言葉(おやつあげるとか)を掛けてその反応も記録するのは、ありかなと思います。その声に普段通りに反応するか、無反応なのかは、てんかんの判断材料になるからです。
 でも、反応しないのに何度も繰り返し呼んだり、大声を出したり、焦って揺さぶったりは止めるべきでしょう。

* * *

 先代犬のてんかんが起き始めた頃に、知っておいた方が良かったなと思っていたことを、色々書きました。
 てんかんは、上手に気長に付き合うことが大事な病気です。もしも貴方の犬がこの病気になったとしても、まずは焦らずに。なにより、できるだけ早く気が付いてあげて、信頼出来る獣医さんと十分話をして下さいね。
 (この記事に感想や質問を頂いても、お返事がむつかしいこともあるかもしれません、すみません。)





愛しの先代コギ、フラガールの「はや」
「はや」の言葉の意味は「命」
なにより、大事なもの。
…今もね。

blo_haya000.jpg


貴方と愛犬の健康を心からお祈りします




にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © コーギー犬サラのデジカメ日和. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。